シーグラスでランプを制作・販売している工房です。35年前にシーグラスのランプを発想、数多くの作品を作っています。   

  工房からTOP  シーグラスアート    個展・展示会画像    個展のお知らせ
  工房から−4 工房から−3 |工房から−2 |工房から−1 漂着物コレクション門司港の風景
  海峡    リンク    ふくランタン・鯛らんたん   渚の記憶    ネットショップ
工房からー4
会場入口のシーグラスランプ。 
  ハンティングトロフィー A 28/12/19
やっと満足のいく「鹿のハンティングトロフィー」の画像が撮れました。
ネットショップに出品しようと思います。

 個展会場の旧税関ビルです。
 この建物の二階で毎年開いています。
 裏手には関門海峡の潮が流れています。

 個展三日目の開館前のスナップ。
 会場の様子をご覧下さい。シーグラスランプの数は少なくなっています。
 
                                           28/12/14
  
  個展会場を撤収してやっと帰って来ました。
  ご来場いただいたお客様、手助けしてくれた方たち、本当にありがとう
  ございました。
  一息着いたら画像をアップしようと思います。
渚のガラスの物語 はがき通信 No.35
28/11/2

  涼しくなってきたのでシーグラス採集の再開です。
誕生日プレゼント。(去年、忘れていて********。)
           28/9/27
あおい貝のランプスタンド。
真鍮プレートの輝きが好きで、歯車が好きで、
花崗岩から浮かせて取り付けました。
 門司のつむじ風展                       28/9/3
 
    H28/8/14
「雪うさぎ」「ちびうさぎ」を長年作ってきたけれど、うさぎを作っていたのではないのです。
あくまで「雪うさぎ」だったから耳は緑色です。 九月のお月見に「うさぎのランプ」をと言われて
「うさぎは作れんし・・・・」と思っていたら 「アレ?耳を白くすれば白うさぎやん!」と
あっけなく、こだわりの雪うさぎから変身しました。 
   H28/7/15
  
  つい、遊んでしまいました。
    H28/6/24
福岡アジア美術館での展示です。
この作品には三つほど展示パターンを考えていたのです。
搬入時に現場の光を見ながら決めるつもりでしたが
車の故障でそれが出来ず、一番無難な形にして置いてきました。 
次の機会にはやってみたい。
        H 28 5.27
   H 28 5.19
 


   
  福岡アジア美術館での美術展。
 
  出品します。
  とりあえず、お知らせ。
               
           5/19
 
 

     船舶用電球。 ガラスが淡いグリーンで綺麗。
     家庭用よりふた周りくらい大きい電球でした。
     コレクションに追加。
     28.1.16


アンモナイトのランプを展示する予定です。
 私は会場にはいませんが、ランプの方が私よりは
 語ります。



 会場に置いてもらうパンフレットをとても時間をかけて
 デザインして、印刷に出しました。
 出来上がったパンフレットの綺麗なこと・・。
 めくっていく楽しさと、シーグラスランプの美しさ。
 なんか、配ってしまうのが惜しいような・・・。